FC2ブログ

治療の始まり

本日(9/27)、●●大学病院に入院しました。

精巣肥大が判った8/11から48日、悪性リンパ腫との告知から22日
ようやく治療の始まりです。

10時に入院手続き&病室へ。
主治医は、片●ドクターです。 30代前半くらいかな?
看護師さんから病棟内の説明を受け、その後ドクターより
治療計画の説明を約1時間受けました。

現状
 病名は、精巣原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫で
 PET検査の結果、右鼠径部にリンパ腫の疑いあるため、病理はステージ2。
 (●●大学病院でも病理検査を実施中だが病名は確定とのこと)
治療計画
 R-CHOP療法×6コース
  (2コース目からは外来治療の予定)
 脳脊髄への抗がん剤注入×3回
  (1泊2日の入院で行う事もある)
 対側放射線照射
  (R-CHOP療法終了後)

 上記、約半年の治療期間を予定。

近々の予定
 本日、骨髄穿刺と骨髄生検
 明日、脳脊髄注射(抗がん剤の注入)
 来週月曜日からR-CHOP1コース目を開始

説明を受けた後は、ベッドで昼食。
カレーうどんでした。
説明を受けている間に配膳されたため、
うどんが塊りになってしまい殆ど残しました。
持ち込んだパンで補食。

骨髄への転移有無の診断の為、14時から骨髄穿刺と骨髄生検を実施。
うつ伏せの状態で腸骨(腰骨)辺りを局部麻酔して注射。
20分程度で終了し、仰向けの状態で1時間安静。
本日の入浴は禁止。

骨髄穿刺、激痛というネット情報でしたが、思っていたほど痛くなかったです。

ちなみに、針の太さは、穿刺がボールペンの先くらいで、
生検はボールペンのカバーの先端の穴くらいと
ドクターが言ってました。 結構太い。

安静後に入院時の検査(心電図、胸部レントゲン)を実施。

骨髄注射したところが少し痛いですが、我慢できそう。

後はヒマヒマです。

18時に夕食(主:魚)を食べて、あとはヒマヒマなので
ブログ更新して22時消灯です。

では。

余談1
病室が18Fなのですが、エレベータがなかなか来なくて
診察、検査のフロアーに移動するのに時間が掛かってしまいます。
15時以降は特に混むらしい。

余談2
パソコン持ち込み時のNET環境を考えたのですが
2週間の入院であれば、短期レンタルよりスマホのテザリングの方が
無駄にNET接続しなければ安いかなと思います。
データ量確認しながら実施中。

想い
骨髄への転移が無いことを願います。
治療期間、半年は長いなー。スキーできないか。

スポンサーサイト



Comment

Add your comment